阪神淡路大震災より19年

エトセトラ

今日は、阪神淡路大震災から19年目です。

 

当時はさくら銀行前で、ルミナリエ点灯式で私もこれ、歌ってました。

懐かしいけど、いつ聞いても良い声で良い音で良い歌。

 

音楽の先生でもあり、指揮者でもあった室屋尚子先生はもう、港島小学校にはいらっしゃらないと聞きましたが、お元気だと良いなと思います。

恒例の黙祷と、一人コーラスが終わったので、今日はしんみりと過ごすことにしましょうか。

 

震災自体よりも、この震災による被災で私は初めて挫折が何か、合わせてメンタルの弱さを実感した出来事でした。

どちらかというと、被災よりも後遺症の方が大きく長く辛かったなと思います。

 

でも、生きていて良かったなと。

だから思うことも考えることもあり、そして今、生きています。

 

神戸にも、そして他の被災地にも、幸せ運べるように。

 

神戸新聞-ルミナリエを振り返る